ベビーベッドは全ての妊婦さんにとって必要な物とは限らない

baby bed

ベビーベッド購入前に

赤ちゃん

出産準備としてベビーベッドの購入を考える方も多いかと思います。ただしっかりと自分の家には必要な物なのかを考える事が大切です。せっかく買ったのに全く使わず、荷物置き場になってしまう事もあります。上の子の時がそうでした。全く横になって寝てくれないので、オムツやおもちゃ置き場となり部屋が散らかって見えてしまいました。
二人目の時にはやはり安全面を考え、ベビーベッドに寝かせる事も多く助かりました。またベッドの下も収納できるようになっているので、着替えの予備やオムツなどを入れておきました。また、一人目の時に腰や膝を悪くしていたので座ったり立ったりの動作が大変でしたが、ベッドにする事で少しは軽減できたかと思います。
ベッドには様々な種類があります。家の広さに合った物を選ぶのはもちろんですが、つかまり立ちをして危なくなったら床板を外してサークルとして使用できるものもあります。こちらは、少し家事をしなければならない時などいいと思います。また階段が近くにある場所なども危険がいっぱいなので、使う場所によって購入を考えてみても良いかもしれません。
ベビーベッドは全ての妊婦さんに必要な物とは限らないので、よく必要かどうかを検討し、形もいろいろ見てから決めた方が良いと思います。

ベビーベッド購入時に大切な事

昔は赤ちゃんの居る家には必ずと言っていいほどあったベビーベッドですが、最近ではベビーベッドは必要ないという意見もあり、購入する派と購入しない派に分かれています。ベビーベッドを購入しない理由は家が狭くて置き場所がない、またすぐに使わなくなるので勿体無い等が挙げられます。
実際にベビーベッドを購入してもなかなか寝てくれず結局1度も使わず仕舞いだったという話も聞きます。しかし、勿論メリットも沢山あります。赤ちゃんを床の埃やゴミから守ってくれるし、寝かしつけや抱き上げる動作もしやすいです。
ベビーベッドを購入する際に1番気になるのはやっぱり安全面ですね。赤ちゃんは何でも口に入れたりかじったりするので素材はプラスチックやペンキの塗ってあるものではなくて口に入れても安全な木の素材そのものがいいと思います。更に、赤ちゃんの月齢に合わせてベッドの高さが調節できるか、柵の上げ下ろしのロックがしっかりしているか購入前に確認するのも大切です。
そして、購入前には必ずベビーベッドのサイズとベッドを置く場所のサイズを再確認しておくことを忘れずに。サイズがギリギリだった場合、折角購入したのに置く場所にベッドが入らないなんて事も有り得ます。大切な新しい家族への最初のプレゼントなのでしっかり選びたいですね。

ベビーベッドを購入する際に気をつけたこと

ベビーベッドを購入する際に気をつけたことが3つあります。
まず1つ目に、ベビーベッドの大きさを検討しました。ベビーベッドを部屋のどこに置くのか考え、そこに適したサイズを選びました。大きければベビーベッドの中で赤ちゃんが遊ぶスペースもできますが、その分部屋が狭くなってしまいます。それに大きい方が金額も高くなります。用途としては寝かせる時だけと考えていたのでコンパクトサイズを選びました。
次に2つ目ですが、折りたたんで収納できることが大事でした。1~2年は常に出しておきますが、使わなくなった時にどうするか考えました。最初は使わなくなったら誰かに譲るかリサイクルショップに売ろうと思ってましたが、赤ちゃんも2人目も欲しいと思っていたので収納して残しておきたいと思いました。そこで、なるべくコンパクトに折りたためる物を検討しました。
最後に3つ目ですが、やはり色合いに気を使いました。部屋の家具などの木目の色は統一していたので、なるべく合わせた色を探していました。色々と現物を見に行きましたが、結局はベビーベッドだけ他の家具とはあえて色を変えました。色を変えたことで単調なインテリアに新しい彩りが増えました。他のものと色を変えてもおかしくならないのはベビーベッドならではだと思います。


赤ちゃんを安全に育てていくにはベビーベッドは欠かせないでしょう。より快適な睡眠を赤ちゃんにとってもらうためにもベビーベッドは質の高いものを選ぶのが大切です。ここは妥協すべきところではないので、しっかりと吟味するようにしてくださいね。

コンテンツ

TOP